先生

様々な要因のある鬱病 ~ マインドコントロール術 ~

憂鬱な気持ちが続いたら

元気になる

サラリーマンやOL、主婦や学生などの幅広い層で、鬱病の患者が増えています。憂鬱な気持ちが続くことに加えて、物事の考え方が悲観的になったり、思うように身体を動かすことができなくなったりして、仕事や家事に大きな支障をきたしてしまう場合が少なくありません。周囲の人々から怠けと誤解されてしまいがちですが、鬱病にかかっている場合には、気の持ちようで改善されるものではありません。精神科や心療内科への通院には抵抗を感じる人も多いものですが、最近では受診しやすい明るい雰囲気のメンタルクリニックも増えています。症状をこじらせてしまわないためにも、なるべく早めに診察や治療を受けることが大切です。鬱病の症状のひとつとして、頭痛や腹痛などの身体的な症状を強く感じる場合もあります。念のために、まずは身体的な病気がないことを確認したうえで、鬱病の治療を受けることが大切です。身体的な症状がある場合には、内科が併設されている精神科の病院やメンタルクリニックを受診すると安心です。

鬱病の治療のポイントは、適切な服薬とじゅうぶんな休息です。最近では副作用が軽減された抗鬱薬が何種類も発売されており、ひとりひとりの症状や体質に合った薬を見つけやすくなっています。不眠や不安などの症状がある場合には、睡眠薬や抗不安薬が処方されることもあります。症状が酷い場合には、休職の手続きをとったり家事の負担を減らしたりする必要が出てくるほか、主治医の判断によって入院が必要になることもあります。療養生活を送るにあたって経済的な不安がある場合には、ひとりで悩まずにソーシャルワーカーなどに相談することが大切です。鬱病の症状が落ち着いてきたら、療養生活中に乱れがちな生活のリズムを整えたり、外出の機会を作ったりするために、デイケアを利用するのも良い方法です。参加するプログラムによっては、対人関係のスキルアップや体力づくりにも寄与しますから、回復後のスムーズな社会復帰に役立ちます。焦らずにゆったりとした気持ちで治療に取り組むことが、回復への近道です。