先生

様々な要因のある鬱病 ~ マインドコントロール術 ~

ポピュラーな心の病

急増中の心の病の治療法

先生

日本においても世界においても急増している心の病として、鬱病が挙げられます。鬱病は最も代表的な心の病であるため、その正しい知識を備えておくことは現代社会において不可欠と言えます。そこで、鬱病の治療の知識と鬱病そのものの特徴を解説します。鬱病の治療は薬物療法とカウンセリングを組み合わせて行われることがほとんどです。いずれも継続的に続けていく必要があり、独断で通院や服薬をやめることは調子を悪化させることが多いことを知っておきましょう。薬物療法は鬱病で低下しがちなセロトニンなどの脳内物質のバランスを整えるとともに、不眠や食欲減退など、具体的な症状に応じた薬の服薬を継続的に行います。薬は飲みやすさ、副作用において日々改善されているので、最近では薬の選択肢が増えてきていることは重要です。カウンセリングでは心の傾向を問診などで詳しく調べたり、物事のネガティブな見方をゆっくりと矯正していくなど、様々な手法が患者に合わせて用いられます。いずれもじっくりと腰を据えて行う治療であることを覚えておきましょう。

エネルギーが低下する特徴

鬱病は単に気分が沈むだけでなく、あらゆる面でのエネルギーが低下してしまう心の病と言うことができます。鬱病の憂鬱は、一般的な気分の沈みと違い、一日やそれ以上持続してしまうという特徴を持ちます。長期的に気分の沈みが続くと、物事の見方がネガティブになりがちで、不安感で大きな疲労を感じることになります。このような疲労感から、食事や買い物、入浴や人との会話などができない、または億劫になる状態まで鬱病は悪化していくことがあります。そのため、周囲の支えが絶対的に必要という特徴があります。このような鬱病ですが、最近は病気そのものを前向きにとらえる動きもあります。鬱病患者は真面目で頑張り過ぎてしまう傾向にあり、適度に休むことを苦手とする人が多いと言われています。鬱病になるということは、休み方を覚えて自分をうまくコントロールできるようになる良い機会という見方が広まっているわけです。もちろん、闘病中はつらいことが多いかもしれませんが、このような見方で後の人生にも良い影響を与える期間だということもできます。