鬱

様々な要因のある鬱病 ~ マインドコントロール術 ~

日頃の自分を見失ったら

あらゆる世代に発症します

鬱

毎日さまざまなストレスや無理な生活環境の中で過ごしていると、気分がふさぎ込むことがあります。何か気分転換をしたりしっかり休息を取るとやる気を取り戻し、次の日にまた気持ちも新たに生活することができます。しかし鬱病になるとなかなか気分をコントロールすることができなくなり、回復には専門医との治療が必要になります。鬱病とは、これまで気分の高まる躁の状態と診断されたことがなく、精神作用に影響の与える物質や臓器、組織の異常が鬱病と関係がない場合、抑鬱状態が2週間以上続くと鬱病と認定されることがあります。程度も軽度から中等度、精神症状を伴う重度に至るまでさまざまあります。最近では頭痛やしびれ、めまいなど体の症状に隠されてしまう仮面鬱があります。20代から30代の若者に多く発症する非定型鬱病は、楽しいことで一時的に気分を取り戻しますが、また気分がふさぎ込む症状です。老年期に多い退行期鬱病は更年期障害と深い関係があります。脳内の神経伝達物質が閉経と共にバランスが崩れ、職場の立場や環境の変化が要因で発症することがあります。

接し方に注意しましょう

鬱病の人が身近にいると、接し方にも注意が必要になります。誤った接し方をしてしまうと自殺や犯罪を引き起こす恐れがあります。まずはその変化を見つける事が大切です。鬱病になるとふさぎ込んで元気がなかったり、今日の出来事を覚えていない場合があります。会話にも覇気がなくあまり話さなくなったり、悲壮感のある人生論を語る場合もあります。服装にも頓着が無くなるため、装いの趣味があまりにも変わった場合には鬱病の傾向が出ているかもしれません。兆候に気が付いたり、本人から相談された場合には一緒に心療内科を受診してみると良いでしょう。鬱病は精神疾患として国が認可していて、労災認定など会社から不当な扱いを受けることなく治療をできる環境に変化してきています。家族は励ましたりわかったふりをするなど、気持ちを揺さぶるような会話は避けておいた方が良いでしょう。鬱病になった理由を解決しようと責めたりすると追い詰められ、自殺を誘発させてしまうこともあります。心療内科では精神保健福祉士や臨床心理士が配置されているので適切なアドバイスを受けるとよいでしょう。

本当の自分を探しましょう

悩み

鬱病は感情をコントロールしている脳内伝達物質の乱れから生じます。抑鬱状態は抗鬱剤や認知行動療法によりネガティブな思考を改善させます。ストレス耐性は人により違うため、日頃から自分自身でコントロールする習慣が必要です。

Read More...

憂鬱な気持ちが続いたら

元気になる

サラリーマンやOL、主婦や学生などの幅広い層で、鬱病の患者が増えています。適切な服薬とじゅうぶんな休息が、鬱病の治療のポイントです。症状が落ち着いてきたら、社会復帰に役立つデイケアを利用するのも良い方法です。

Read More...

ポピュラーな心の病

先生

鬱病は薬物療法とカウンセリングを組み合わせて治療を行います。独断で治療をやめることは症状の悪化に繋がるため、注意が必要です。鬱病は生真面目な人が休み方を学んだり、自分を見つめ直す良い機会だという前向きな見方も広まっています。

Read More...

生きているのが苦しい病気

元気になる

さまざまな要因により、日本の鬱病患者は増えています。気分の落ち込みや不眠、体重の急激な変化、死についての考えが頭から離れないことなど、思い当たる症状がある場合は、早めに精神科などの専門医に診察してもらうことが重要です。

Read More...

心の病気

鬱

鬱病は、大きく分けて通常のものと最近、言われている新型のものがあります。また、気をつけることは、自己判断で治ったと判断して投薬をやめたり、復帰を焦ったり、自分が鬱だと認識してしまわないことです。

Read More...